お金持ちになる方法の1つ『マンガでわかるビットコインと仮想通貨:三原弘之』

ビットコイン お金

今日はマンガでわかるシリーズの仮想通貨版『マンガでわかるビットコインと仮想通貨』についてです。
・お金持ちになりたい!
・仮想通貨って儲かるの?
・ビットコインってなに?
と、お金持ちになるための方法を模索している方が、選択肢の1つとして知っておいた方がよい、仮想通貨についての理解を深める本です。

仮想通貨とは?

仮想通貨は『デジタルゴールド』とも呼ばれ、デジタルで記録されるまったく新しいお金の事です。
モノやサービスの支払いに使う事もできるし、資産として貯める事もできます。
円やドルと交換したり、別の仮想通貨に持ち替えて増やすこともできます。
『使う』『貯める』『増やす』などの、お金の基本的な機能を持っているが、実態はなく、ネット上のデジタルデータでの記録しかない事から、仮想通貨と呼ばれています。

ビットコインとは?

仮想通貨の中で特に知名度があり、もっとも代表的なコインの名前がビットコインです。
単位はBTC(ビーティーシー)で、全世界で流通している仮想通貨のうちの約4割を占めています。

ビットコイン以外の仮想通貨の事をアルトコインと言います。
アルト(alt)とは『代わり』を意味するalternatibeの頭文字で『ビットコインの代わりにとなるコイン』という意味なんだそうです。
代表的なものとしては、

Ethereum(イーサリアム)
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
Ripple(リップル)
Litecoin(ライトコイン)
Dash(ダッシュ)

などが挙げられます。

ビットコインは儲かるのか?

ビットコインは安い時期に買って、高くなった時期に売って売却益を得る方法で利益を出します。
この本が出版された2018年の2月時点では1BTCが100万円ぐらいでしたが、この記事を書いている2022年5月時点は512万円となっていますので、本が出版された頃に買った人は価値が約5倍になっている事になります。
株の場合は取引所が開いている時間しか取引できませんが、ビットコインは24時間365日間売買可能なので、デイトレーダーのようにスマホ片手に売り時を見守っている人もいるんだとか。
ただし、出た利益に対する課税額は最大55%と、沢山儲けが出た場合は約半分が国に持っていかれる事になるそうで、その辺はちょっとネックです。
株や投資で稼いだ金額の税率は約20%ですからね。
上述した、100万円で買って512万円で売った場合を考えると、
512万円ー100万円=412万円
412万円×55%=226.6万円
差額の185万円が、儲けになります。
1000万円分買ってたとしたら、1850万円の儲けです。
まぁでもやっぱり投資で儲けるには軍資金が必要ですよね。
※上記はあくまで分かりやすくした例で、実際は以下のような仕組みになっているので、儲けが少ない場合は55%も税金を取られる事はありません。

これに住民税10%が加わるので4000万円以上の利益が出た際は最大55%の税金がかかります。
税率は会社員の場合、儲け+給料で計算されるため、単純には出せませんが、仮想通貨の儲けは「雑所得」として分類され、最大55%の税金がかかる事だけは覚えておいた方がよいでしょう。

ビットコインと株の違い

ビットコインと株の大きな違いは以下の4つです。
①取引できる時間
株は取引所が開いている時間のみ
ビットコインは24時間365日

②利益に対する課税率
株は20%
仮想通貨は累進課税方式で最大55%(所得税+住民税)

③売買できる投資対象
日本株は約4000種
仮想通貨は約10種(2017年時点)

④証拠金取引が可能
仮想通貨はFX同様、手持ちの金額の数倍の取引をする事ができます。
例えば倍率が25倍まで可能な取引所であれば、100万円を証拠金として預ける事で、2500万円までの取引ができるようになります。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは仮想通貨を管理する仕組みの事で、取引台帳が次々とチェーンでつながる仕組みです。
誰かが誰かにビットコインを送金すると、その記録が1つのブロックの中に記録されます。
いつ、誰が、誰にビットコインを渡し、誰が受け取ったかが、インターネット上の台帳に記録されます。
取引は10分毎にブロックというものにまとめられ、ブロック同士はチェーンのように繋がれていくことから、ブロックチェーンと呼ばれています。

まとめ

ビットコインとは世界で一番流通量の多い仮想通貨で、2022年の5月時点では1BTCで約500万円の価値があります。
今、ビットコインを買っておいて、10年後に1BTCの価値が2000万円になっていたとしたら、資産が4倍に!
そんな話も夢物語ではありません。
実際に100万円の時に買って、500万円の時に売りさばいた人もいますので、十分あり得る話です。
ただし、反対に500万円の価値だったものが、10万円になり、価値が1/50になる可能性だってあります。
投資は自己責任と言われますので、自分で判断していく必要がありますが、やるやらないに関わらず、お金持ちになりたいなら、ビットコインの仕組みぐらいは知っておいた方がよさそうです。

まずはマンガで全体像を把握し、更に詳しい情報を知りたい人は『ビットコイン完全ガイド』で、より詳しい情報を手に入れるのがおすすめの勉強法です。

今日のあなたへの質問。
「次のボーナスをもらったら、そのお金でビットコインを買ってみませんか?」
少しでも参考になったら嬉しいです。
それでは今日もご機嫌な一日を!

お金持ちになりたい人はこちらの5冊もおすすめです!

通勤中に本が聴けるアプリ – audiobook.jp

オーディオブック聞き放題(無料体験期間付き)

コメント

タイトルとURLをコピーしました